沖縄にある青の洞窟

洞窟のある恩納村は、美ら海水族館などがある沖縄北部まで一時間の那覇から約一時間の所にあります。沖縄の玄関那覇空港と人気観光スポットの美ら海水族館の中間にあり、アクセス等の良さからも観光に最適なスポットとして人気があります。青の洞窟、海水の侵食により出来た洞窟で、洞窟内部の海面が、太陽光線の反射で神秘的に青く輝くことから青の洞窟と呼ばれるようになりました。この光景を青の洞窟の神秘と言われています。自然の偶然が重なり神秘的な雰囲気を作り出す、青の洞窟の神秘を体験する事が出来る、沖縄本島で最も有名なシュノーケリング、体験ダイビングの人気スポットとなっています。観光客が沢山訪れるこの青の洞窟にいる魚達は、人に慣れているので、向こうから私達に寄って来てくれます。青の洞窟で生息する魚や珊瑚の種類の豊富さから、初めてシュノーケリングや体験ダイビングをする方にも最適な場所です。朝日が入る時間帯は綺麗に太陽光が反射しますので、一段と青く輝く青の洞窟の神秘に出会いたい方は、早朝から午前中のプランがお勧めです。青の洞窟の楽しみ方は大きく分けてシュノーケリングとダイビングの二つに分けられ、水中メガネやシュノーケル、フィンを装着した状態で海中を覗き込みながらプカプカ水中散策するマリンスポーツでダイビングは、ライセンスが無くても体験ダイビングが可能です。