青の洞窟の神秘

沖縄本島にある青の洞窟とは、沖縄本島西海岸に位置する恩名村真栄田岬にある洞窟のことです。青の洞窟の神秘としては青の洞窟の由来ともなっている洞窟内部が一面青の世界となっている所です。沖縄の観光ガイドブックには必ず掲載されているといってよいほどの名所になっており、青の洞窟の神秘に魅せられて多くの観光客が訪れます。青の洞窟の青ぬ輝く仕組みは、洞窟入り口から射し込む太陽の光が海中を通過し、水底の砂に反射して洞窟内へ届くため、洞窟内の海面や岩肌が青く輝きます。青の洞窟内部は、全長約50メートルの半水面ドームになっており、子供からご年配の方までビーチシュノーケル・シュノーケリングでも十分楽しむことができます。青の洞窟でシュノーケリングをするなら、午前・午後のどちらが良いかというと、基本的に午前・午後関係なく水中はとても綺麗です。一般的な観光プランでは、シュノーケリングを午前中に行い、午後から観光するというスケジュールを組んでいることが多いので、午前中は混雑することが多いです。ゆっくりシュノーケリングを楽しみたいなら午後からをおすすめします。一度訪れれば必ず青の洞窟の神秘の虜になり、また訪れたくなります。