ナチュラル・ナビゲーション

天然のポイントを捕えながら動いていくナチュラル・ナビゲーションや「スクーバセクスタント(六分儀)」を自由に操る技能を学んでいただきます。
沖縄は年中温暖なので春・夏・秋・冬に関わらず一年を通じて潜れます。その季節の影響で海中の状態が変化して、やはり海のコンディションにより見るべき場所が変えることが重要になってきます。
沖縄では特に夏場の海に潜る人が多いために、アルバイトのスタッフ(夏場だけのスタッフ)が見られないのはとてもあり得ない店舗だと考えられます。
沖縄シュノーケリングの代表格として評判のきれいな「青の洞窟」と大小20ほどの島から成る「ケラマ諸島」、双方のシュノーケリングプランの内容を専門サイトに勤務する者が徹底調べました。
那覇市から西へ約4里のチービシ環礁はナガンヌ島、神山島、クエフ島の3島から成り、一際面積の大きい島が渡嘉敷村のナガンヌ島です。完璧なコントラストが印象的な綺麗な島です。
空と海、両方の素晴らしさを楽しめる良いアクティビティーのひとつがパラセーリングです。本島の中央部に位置する恩納村や北端の瀬底島、中心部に位置する那覇、西方のケラマでの本格的なパラセーリングを安い値段で楽しんでください。
カヤックツアーとは、もうお分かりだと思いますがカヤックを利用して自分で一生懸命パドルを駆使して、両方の岸辺にマングローブの樹林が息づく川を上流に遡っていくプラン。

海中でぽっかりと「中性浮力」の状態を保つことは、リラックスして水中を移るためにも、サンゴの群生などの水中状態を壊さないためにも配慮しなければなりません。
沢山の有意義な過ごし方を心得ているのと併せてトラブルの防御訓練も完璧で、最も信頼できるレジャー・ダイバー、そのプロフェショナルがマスター・スクーバ・ダイバーと言われるプロダイバーになります。

ダイビングの事故率はそれ以外のレジャースポーツと統計的に見ると全然多いと思われていますが、そんなことはなくあまり起こっていません。昨年の犠牲者の方や行方が分からないダイバーは合わせて14名とのことです。
スキューバダイビングを知りたいあなた、ダイビング資格が得たいとお望みの初心者の方は、どうぞどのようなことでもお待ちしています。
通常は体験ダイビングだとほぼ全部のダイビングショップは提示されている料金の中に様々なレンタル器材・レクチャー料・タンク・ウエットスーツなど現地で発生する全額が入っています。

わが国では最南端の沖縄がスキューバダイビングのメッカと呼んでもいいのではないでしょうか。壮麗なサンゴ礁を回遊するダイビングはその他の場所とは比べようもない貴重な体験です
初めて沖縄の地に足を運んだのですから、シュノーケリングがいいでしょう!異空間で学ぶことのできる高揚感と素敵なサンゴ礁とのめぐりあいが記憶に残ります!

ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風を活かして水面を滑るマリンスポーツである。サーフボードを一回り大きくしてヨットに見られるセイルを立てた物と伝えればピンと来るだろうか。