シュノーケリング

「青の洞窟」は、沖縄県の恩納村にあります。恩納村は、那覇市内から車で1時間ほどのところにありますので、沖縄の空の玄関口である那覇空港でレンタカーを借りて、カーナビで迷わずに行くことができます。「青の洞窟」は、自然の海水のうねりによってできた海蝕洞窟で、水面に太陽光線が反射することによって、青く光り輝くことから「青の洞窟の神秘」と呼ばれています。「青の洞窟」は、シュノーケリングや体験ダイビングの有名なスポットです。シュノーケリングは、水中メガネ、シュノーケル、ウェットスーツ、フィンを着用した状態で、海面を自由に散策することができます。ウェットスーツを着用することで、自然に浮力が発生しますので、簡単にうきますので、カナヅチの方でも不安ありません。

泳ぎの苦手の方でも、足ひれのフィンを装着していますので、驚くほどスムーズに簡単に速く泳ぐことができます。また、シュノーケルがありますので、呼吸も全く問題ありません。青の洞窟の神秘を体感できるのは、朝日の差し込む時間がベストで、朝方から午前中がお勧めです。沖縄の美しい海をシュノーケリングにより、気軽に水中散歩できます。また、多くのダイビングショップがありますので、器材をレンタルして、簡単にな指導で「青の洞窟の神秘」を楽しむことができます。