沖縄とダイビングなどのマリン

空と海、両方の爽快感を味わえるとっておきのアクティビティーがパラセーリングというマリンスポーツです。本島の恩納村や瀬底島、那覇、本島の西に位置するケラマでのかっこいいパラセーリングを低料金で挑戦してみてください。

MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)と言うのは、いろんなダイビング体験や環境で技能技術を磨いて、誰も真似が出来ないほどの経験を携えていることを証明している「アマチュア最高峰のランク」と評価されるのです。

目が悪くてもマスクを付けてみると水の中では見える範囲で1.25倍前後に大きくなるので、視力が0.5程度は見える方であるなら何にも気にする必要はないと考えられます。

自生した目当てを見極めながら動いていくナチュラル・ナビゲーションや「スクーバセクスタント(六分儀)」を自由に操る技術なども当然身につけます。

恩納村にある琉球村は古い住宅を複数移築して保存している以外にも、藍という植物を使った染め物体験や三線・エイサーの推進、沖縄に住まうおばあとの対話などを実際に見て体験できる観光スポットです。

カヤックツアーというものは、もうお分かりだと思いますがカヤックを操って自分で水を掻くパドルを水に出し入れして、両方の岸辺に海漂林とも呼ばれるマングローブの林が息づく川を下流から遡っていく行程です。

頬をなでる暖かい風、気持ち良い川のせせらぎ、鳥のさえずり。それ以外の異音はまったくない。両岸に連なる紅樹林(海漂林)は、まさに絵に描いたような南国の景色。

普通は体験ダイビングだと大体全部のショップは提示されている料金の中に様々なレンタル器材・受講料・タンク・ウエットスーツなど現地でかかってくる費用の全てが計算されているはずです。

名産のサトウキビ畑や昔ながらの沖縄の民家が続いており、沖縄らしいムードや景観に心が弾みます。「古宇利大橋」から眺める海は、永久に忘れないほど鮮やかな青い海。

初めて体験する人ばかりのダイビングなら、気安く海中ウォーキングが体験できます。肩ひじ張らずにできる分、潜るスポットや深さおよび滞在時間などに規制がありますが。先ず1回トライすることが大切です。

思いきり弾んでブンブン揺れてスリル感は抜群!ここ最近、沖縄で一番ホットなマリンスポーツはバナナボートです!舟に牽引されて、水しぶきを心地良く浴びながら美しい海を駆け廻ります。

多くのダイバーを魅了する「マンタ」達に出会いたい!そこで名前が挙がるのが石垣島。マンタで有名な川平で潜ることができる現地でのサービスの種類はたくさん存在します。

那覇近辺をダイビング計画を立てる場合に候補に挙がるのは間違いなくチービシエリアでしょう。何と言っても初心者の方向けのポイントが連なり、構えることなくボートダイビングライフが可能です。

かわいい小舟に乗船して神秘の世界が広がる海漂林探検を体験し、見応えのあるサンゴが息づくインドネシア・レンボガンの紺碧の海をドリフトシュノーケリングしましょう!

ウェイクボードと同じ要領で、先導するボートに持ち手(ハンドル)付きのロープを動かしてもらい走ります。縦方向に乗るからストレートに進めるから、スピード感は超一級!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です